1. >
  2. やっぱり男の子は黒!
News

やっぱり男の子は黒!

息子が来春小学校入学を迎えるため、ランドセル購入を検討しています。

男の子なので色は黒で、軽いランドセルが良いかな~程度しかまだ考えていません…

私の時代は入学時には全員ランドセル!だったものですが、今は小学校によっては、ランドセル使用率も違いますし、途中からランドセルではなく、普通のリュックを使う子供が多いかと思います。

(私の住んでいる地域はそのような感じです)

数万円する買い物なので、親としてはなるべく長く大切に使ってほしいところですが、男の子なので乱暴に使うんだろうなと。

ちなみにに黒だと油性マジックでランドセルのハゲた箇所をある程度メンテできるよ~と聞きました。

わたしのランドセル

小学校5年生の時でした。

もともと小柄だった私は低学年の時からランドセルは大きくてランドセルをからうと背中の方が狭いような感じで…

そんな小学校5年生のある日、近所のおじさんが一言。

「あれー?あなたはもう何年生になったんだっけ?まだ2年生?」

内心私は「えーっ!2年生!?」と思っていましたが

「もう5年生だよー(^^)」と一言。

するとおじさんは

「あらーごめんごめん」と笑った後に

「ランドセルがすごく綺麗だったから」と言ってくれました。

本当は小柄だったから5年生には見えなかったのかもしれませんが、「ランドセルが綺麗だったから」という言葉に2年生と言われたことなど忘れてるんるん気分で自宅に戻りました。

小学生だし、特別な手入れをしていたわけではありませんがもともと物持ちはいいほうだったのでランドセルも潰れたりせずに形を保っていたのでしょう。

日本の製品は作りがいいから長持ちするものが多いですよね。ランドセルも大事に使えばそんなふうに見えるくらい綺麗さを保てるんだなーと大人になってから感じました。

小学校卒業後ランドセルはどうしましたか?

私は小学生の頃に使用していたランドセルをまだ捨てられずにいます。

20代になった今もう使うことはないと思いつつ、6年間使っていたランドセルには愛着があり、なかなか捨てられません。

ランドセルのリメイクをしてくれる所や、自分の使っていたランドセルをミニチュアにしてくれるところがあると聞いたことがありますが、なかなか踏ん切りがつきません。

みなさんがランドセルをどのように保管または破棄しているのかが気になります。

6年間使うからいろいろ見て、コレだと思う1個をみつけてください。

現在1年生の娘のランドセルを昨年購入しました。

とりあえず夏休み中に娘と2人で出かけたついでに松坂屋へ。あまり売り場は大きくなくポピュラーな感じのでも値段はお高いものが並んでいました。ささっと見てカタログをもらって退散。

そのまま帰宅途中の池袋で西武百貨店のランドセル売り場ものぞいてみました。

こちらは売り場も特設で種類も豊富でした。娘が目を輝かせてこれがいいといったのはシャーリーテンプルのチョコレート色の6万円のランドセル。たしかにステッチなどのデザインもよく、母親の私からみても素敵でした。でもちょっとお高い・・・。定員さんは人気商品からどんどん売り切れますと。そりゃそうですけど、売り込み上手なんだからと思い、ここでもカタログをもらってまた来ますと言って帰ってきました。

帰宅後主人に話してもう少し価格を抑えたいということで話がまとまり、他も見て決めようと娘に伝えました。

数日後、新宿の高島屋へランドセルを見に行き、こちらは西武百貨店と同じで特設売り場に種類豊富に並んでいました。こちらでもやはり少しお値段お高めなものがデザインもよく使いやすそうみえました。

本当によいランドセル選びがよくわからなくなり、楽天市場でレビューを参考にしようといろいろ見ていると、横型ランドセルが目に付きました。

横型ってちょっとレトロ感があるのに新しい!と思い、娘に画像をみせると目を輝かせてコレがいい!とのこと。

しかも夏~秋に購入すると早割り値段で20%OFF!

9月に入った土曜日に主人に車を出してもらって鞄工房に見に行きました。

やはり人気店のようで、お子さん連れがたくさん来ていました。

普通のランドセルもいろいろありましたが、娘のお目当ての横型ランドセルを背負わせてもらい、中の作りなども確認して、コレにしようと決まりました。が、支払いの方法を確認するとカードが使えず手持ちがなかったので帰ることにしました。

その後、イトーヨーカドーやイオンも見ました。いろいろ目移りして本当は水色のランドセルが欲しかった娘も6年間で1個だけというところで横型がいいと言うので、楽天で見つけたお店で横型のチョコレート色を早割りでカードで購入しました。

学校のロッカーにも縦にすれば問題なく入るし、小柄な娘には横型が背中にぴったりで丁度良く、毎日元気にランドセルを背負って学校に登校しています。